Skip to main content
ルービックキューブロボット

9歳の子が作ったルービックキューブロボット

ルービックキューブロボットについて度肝を抜くルービックキューブ世界記録で紹介しました。

 

CubeStormer2という名前をつけたロボットでルービックキューブを3.253秒で揃えることができます。

ギネス記録にも認定されたものです。

 

CubeStormer2は2人のプログラム開発者が18ヶ月もかけて作り上げたものですので当然といえば当然の結果です。

注目が一気に上がって一気に下がった印象をうける。

 

しかし、最近アメリカの9歳の男の子がルービックキューブロボットを作ったとして話題になっています。

カンザス州に住むNoah Hinkle君がLEGO MINDSTORMS NXT kitsの500個のピース、2つのセンサー、3つのモーターを使って作ったそうです。

 

センサーがルービックキューブの色をスキャンし、内臓のコンピュータで計算した結果をロボットアームに送りルービックキューブを回すという仕組みです。

このような組み込み技術の知識がある方にとっては簡単なことですが9歳の子供としては若干複雑な作りです。

 

親がサポートしたということなのでHinkle君にはかなりいい勉強になったと思います。

 

このロボットはルービックキューブを42回以下の回し、2分半くらいかかって揃える。

圧倒的に速い記録と言えませんが一般人の記録よりはるかに速い記録です。

 

Hinkle君の将来が楽しみです。実際の動画あるので是非みてください。

 

もっと、強力なルービックキューブロボットがある。その最速記録は信じられない。

そして、人間が達成できたいルービックキューブ世界記録もすごい。