Skip to main content

世界一大きいと小さいルービックキューブ

ルービックキューブは揃えるだけではなく大きさでも競われているようです。

今回紹介するのは世界一大きいルービックキューブ、世界一小さいルービックキューブです。

ちなみに見慣れた3x3x3ルービックキューブの公式サイズは一辺の長さが55mmから57mm、重さは約90gから92gです。

手にちょうど収まる大きさと重さです。

では、世界一大きい、世界一小さいルービックキューブはどれくらいの大きさでしょうか。

公式ルービックキューブの中で一番大きいのは17x17x17のルービックキューブです。世界一難しいルービックキューブとしても有名です。

その大きさは作る会社によってサイズが若干変わってきますが大体一辺の長さが180mm、重さ200gから300gまでのようです。

手に収まらないので回すには一苦労しそうです。

flickr.com/ribarnicaより
flickr.com/ribarnicaより

しかし、それより手に収まらない物がありました。

世界一大きいルービックキューブと言われるルービックキューブです。その大きさはなんと一辺の長さが3m、重さが544.3Kg

アメリカの工業都市と言われるノックスビルにあるそうです。確かに手に収まらない。

では、一番小さいのは?

ギネス記録に認定されているのはロシアのEvgeniy Grigoriev氏が作った一辺の長さが10mmのルービックキューブです。

通常のルービックキューブと同じように回せられるが小さすぎてある意味世界一難しいルービックキューブとも言えます。

でも、それよりさらに小さいルービックキューブがありました。一辺の長さが6mmのルービックキューブです。

親指爪の4分の1位の大きさです。回しづらそうですね。手に収まりすぎて何も言えね。

実際の動画あります。

一番小さいで揃えやすいのはルービックキューブ2×2です。本サイトでルービックキューブ2×2の攻略を分かりやすく解説しています。10分もあれば考え方を理解できるのでぜひチャレンジしてみてください。