Skip to main content

Step#2. 完全一段を揃える(1段目)

Step#2の目標は左の図の状態に揃えることです。

Step#1で上面(U)であった白は下面(D)にして揃え始めます。Step#2完成で下面が白で完全揃った状態になります。

図では見えない緑の反対面が青、赤の反対面がオレンジです。図に見える赤と緑と同じ形状になる。図の灰色は無視してください。

 

では、解説を開始します。

Step#2はStep#1で揃えたクロスの白面を下面にした状態から開始する。

まず、白面を下面にした状態で上段に白が存在するコーナーがあるか探します。上段に白を含むコー ナーが無い場合もある。ない場合について後ほど解説します。

まず、上段のコーナーに白が存在するケースから解説します。下図の上段に白/赤/緑のコーナーが存在する。

1. 上段の白を含むコーナーを見つける。step2_wrong_position
2. 上段をStep#2の開始地点まで回す。step2_wrong_to_start
3. Step#2の開始地点です。step1_start_position

ここで言うStep#2の開始地点とは、白を含む上段コーナーの白以外の2色と同じ色のセンターがある2つの面の間にコーナーが存在する位置です。上記の例で言えば、赤と緑のセンターの間に赤と緑を含むコーナーが存在する位置が開始地点となる。

ここでコーナーの面の数に注目してください。コーナーは3つの面からなるのでStep#2の開始地点は下記の3つのパターンのみです。

1. 白が上段の右面にあるパターン。step1_start_position
2. 白が上段の上面にあるパターン。step1_start_position_pattern2
3. 白が上段の左面にあるパターン。step2_start_position_pattern3

上記開始地点のどれかが存在すれば下記Algorithm#2をコーナーの各パターンによって異なる回数で実施します。Algorithm#2は白が含まれる対象のコーナーが右サイド(R)状態で開始します。Algorithm#2を回す回数は下記の通りです。

  1. 白が上段の右面にある場合は、Algorithm#2を1回実施する。
  2. 白が上段の上面にある場合は、Algorithm#2を3回実施する。
  3. 白が上段の左面にある場合は、Algorithm#2を5回実施する。

そして、Algorithm#2を指定の回数回せば下面(D)の白、下段のコーナーがそれぞれ側面のセンターと同じ色に揃っていきます。

Algorithm#2

1.
2.
3.
4.

 

上記までは上段に白が存在する場合の解説でした。白が上段に存在しないケースもある。下図のような状態です。

step2_start_position_white_bottom白が上段に存在しない場合は、白が存在する下段のコーナーを右面(R)にしてAlgorithm#2を1回実施すれば白が上段に存在する3つのパターンのどれかになります。そこからは上記で解説した通り各パターンによってAlgorithm#2を指定の回数実施していきます。

残りは青とオレンジです。

青とオレンジも上記と同じく開始地点まで準備してAlgorithm#2を各パターンによって指定の回数実施していけばStep#2の目標である下記の状態になります。下の一段が完全に揃った形です。

Step#2が正しく揃ったらStep #3に行きましょう。

Step#1. クロスを揃える(上面) Step#3. 2段目を揃える