Skip to main content

Step#1. 一段を揃える

rubikcube2x2-step1-goal

Step#1の目標は図のように上の一面とその側面の上の段を揃えることです。

図には隠れている部分ですが赤の反対はオレンジ、緑の反対は青になります。図の灰色の部分は無視してください。どんな色でも大丈夫ということです。

では、解説はここから始めます。

まず、開始色を決めます。どんな色でもいいですがポピュラーなのは白なので白にします。そして、次の2つの状態を自力で揃えてみてください。

自力#1step1-prepare1
自力#2step1-prepare2

自力#2の状態を揃えるポイントは、白がない面の下の段に白のピースを持っていき縦に回す。

自力#2が完成したら側面の白ピースの状態を確認してください。次の3パターンのどれかが確認できると思います。

Pattern#1step1_before_white_side_completed1残りの1個の白いピースが下の段にあるパターン。
Pattern#2step1_before_white_side_completed2残りの1個の白いピースが上の段にあるパターン。
Pattern#3step1_before_white_side_completed3残りの1個の白いピースが下の面にあるパターン。

そこでルービックキューブ一面揃え方で紹介したアルゴリズムを参考に白面を完成させてください。

白面が揃ったら色の状態を確認します。下の2種類の色の状態を確認できると思います。

Pattern#1step1_collected_side白面と直面する面の上段にそろった面が一つでもある状態です。
Pattern#2白面と直面する面の上段にそろった面が一つもない状態です。

揃ってないところから開始します。ここで注意して欲しいのは、緑の反対の面は青、赤の反対の面はオレンジになるように揃えることです。

まず、上記Pattern#2の状態を探します。注目するのはです。間に別の色を挟んだ隣り合う面の上段が同じ色の状態です。上の図で言えば、間にオレンジを挟んだです。上の図の状態に合わせて、例ではで解説するが他の色で同じ状態があればやり方は一緒です。

そして、ターゲットの色(例では緑)を含む一面を手前に持って次のAlgorithm#1で回す。

Algorithm#1

1.R_i_2x2
2.D_i_2x2
3.R_2x2
4.F_2x2

 

上記のAlgorithm#1をやった後白の状態を確認します。

ルービックキューブ一面揃え方で紹介したパターンのどれかに当てはまるので適切なアルゴリズムで白面を揃える。

上記Algorithm#1とルービックキューブ一面揃え方を状況に応じて複数回実施すればルービックキューブ2×2の目標の一段揃えが完成します。

Step#2. 反対の上の面を揃える