Skip to main content

ルービックキューブ攻略:3×3(1面)

1side_solution_goalルービックキューブ一面の揃え方には揃えたいパーツの配置パターンによって複数のアルゴリズムがある。

難しいパターンでも最多6回の回しで揃えることができます。

ルービックキューブ攻略:3×3(6面)の各ステップでも応用されるので是非覚えておきましょう。

キューブを揃えている間は色も意識して、回転させた後どんな状態になるのか想像しながらやれば想像力も鍛えられる。

決まった回し方で色を揃えるだけではなく、脳力や想像力を鍛えるつもりでやってみるとルービックキューブがさらに面白く感じられると思います。

では、ルービックキューブの一面揃え方について下記10パターンで解説していきます。

Pattern #1

1side_solution1_start

ルービックキューブ2×2の場合も同じアルゴリズムを使います。

one_side_white_pattern1

1.
2.
3.
4.

Pattern #2

1side_solution2_start

ルービックキューブ2×2の場合も同じアルゴリズムを使います。

one_side_white_pattern2

1.
2.
3.
4.
5.
6.

Pattern #3

1side_solution3_start

ルービックキューブ2×2の場合も同じアルゴリズムを使います。

one_side_white_pattern3

1.
2.
3.
4.

Pattern #4

1side_solution4_start

ルービックキューブ2×2の場合も同じアルゴリズムを使います。残りの白が下の面にある状態です。

step1-prepare2

1.
2.
3.
4.
5.

Pattern #5

1side_solution5_start

ルービックキューブ2×2の場合も同じアルゴリズムを使います。

one_side_white_pattern4

1.
2.
3.
4.
5.
6.

Pattern #6

1side_solution6_start

1.
2.
3.
4.

Pattern #7

1side_solution7_start

1.
2.
3.
4.

Pattern #8

1side_solution8_start

1.
2.
3.
4.

Pattern #9

1side_solution9_start

1.
2.
3.

Pattern #10

1side_solution10_start

1.
2.
3.
4.
5.
6.

ルービックキューブの一面揃え方はいかがでしたか。覚えることができましたか。

ルービックキューブの6面攻略に必要になる基礎ですのでしっかり覚えておきましょう。

一面揃えが完成したら今度はルービックキューブ6面揃えにチャレンジしてみてください。

人生が楽しくなりますよ😊。

ルービックキューブ6面攻略