Skip to main content
ルービックキューブ最少手数

ルービックキューブを揃える最少手数

 

ルービックキューブを揃える最少手数は20ムーブです。20回回して完成です。

驚きです。

2012年にチェコで行われたCzech Open 2012大会で更新されたこの記録の保持者は日本のキュービストTomoaki Okayama氏です。

この記録はギネス記録としても認定されている。

 

3年前に達成された記録ですが未だに破られていない不動の記録としてチャレンジャー達のモチベーションを沸き立てています。

ちなみにルービックキューブ最少手数(Rubik’s Cube: Fewest moves)という種目はルービックキューブを揃えるまでの速さではなく、いかに効率よく回せて、少ない手数でルービックキューブを揃えるか競われる種目です。

 

このサイトで紹介している動画にもあるようにルービックキューブを揃え終わったらボタンを押して時間を止める種目と違って筆記試験みたいな感じです。

まず、キュービストにキューブを崩す手順と崩した後のキューブの状態を印刷した紙を渡します。

キュービストはその図の状態から一番少ない手でルービックキューブを揃える手順を考えて、解答用紙に書いて提出します。

持ち物として3個のルービックキューブとイメージするためのシールが許されている。制限時間は1時間です。

完全に自分の想像力と記憶力に頼る頭脳プレーです。

 

TomoakI氏が考えた手数は下記の通りです。ルービックキューブコツ回転記号を説明しているので参考にして世界最少手数にチャンレンジしてみてください。

シャッフルする(渡される): R’ D’ U2 B’ R U L2 B2 D L’ U R2 B’ U F2 R’ F’ R2 U’

揃える(解いて提出する): F D F2 U2 R D’ R2 U’ R U’ L’ D L’ D2 F’ D F D U F2