Skip to main content

ルービックキューブはGoogle Doodleでも遊べる

ルービックキューブは小さいので携帯すればどこでも練習ができる。遊べる。

ちょっとした待ち時間、休憩時間、短い時間で集中力を高めたい時などなど。

でも、いざとなるとルービックキューブが手元になくて、や〜持っていればなとなる。

そこでオススメするのがルービックキューブのGoogle Doodleです。

インターネットにつながる環境であればパソコンやスマートでアプリをダウンロードしないでルービックキューブが出来ます。

ルービックキューブGoogle Doodleのアーカイブページにアクセスすると下記のような画面が表示されます。

ルービックキューブGoogleDoodle

この画面のClick here for the interactive versionをクリックするとブラウザ画面に下記のような遊べるルービックキューブが表示されます。

画面タッチして操作することもできるし、PCの場合は上図にもある特定の文字を打つことでそれぞれの面を回せられます。

rubikcube_main

PCのキーボードの文字を打って遊びたい人の為に簡単にボタンの紹介をしておきます。

本サイトのルービックキューブコツでも紹介している回転サイド回転記号を覚えるのにも役に立つと思います。回転サイドの文字名と回転記号を覚えるとルービックキューブ攻略が分かりやすくなります。

F:正面を回す。
B:後ろ面を回す。
L:左面を回す。
R:右面を回す。
U:上面を回す。
D:下面を回す。
X:X軸を起点にキューブ全体を回す。
Y:Y軸を起点にキューブ全体を回す。
Z:Z軸を起点にキューブ全体を回す。
大文字は時計回り、小文字は反時計回りになる。

ルービックキューブGoogle Doodleは、去年の5月19日に1日だけGoogleがルービックキューブの40周年を記念して配信した遊び心満載の機能です。

Google検索画面のロゴがルービックキューブになっていたのを覚えている人はいると思いますがそれです。

Android端末で遊べるルービックキューブアプリを3つ紹介していますので合わせて読んでみてください。

かなりレベルの高いアプリなのでルービックキューブコツをつかめるのに役に立つと思います。

通勤の長い時間、ルービックキューブで頭の体操しましょう。