Skip to main content

ルービックキューブの信じられない5つの事実

Mt.Fuji

ルービックキューブは1974年に発明され、去年40周年を迎えました。

歴史も長く、世界中に広がっているゲームなのでルービックキューブにまつわる色んな面白い話がある。

その中で真実とされている5つのファクトを紹介しようと思います。

 

1. 発明者ルービック氏がルービックキューブは揃えられないと思っていた

大学のインテリアデザイン学科の教師だったエルノー・ルービック氏がルービックキューブを発明した目的は学生達に3Dのジオメトリーを分かりやすく説明するためでした。

なので当初はパズルという認識が薄く、こんな物揃えるはずが無いと思っていたと言います。

そして、1ヶ月もかけてやっと色を揃えた後言った言葉が「いいパズルだ」だったそうです。

 

2. ルービックキューブは世界一売れたおもちゃ

各時代には流行りのおもちゃがあります。しかし、ほとんどの場合一時期流行って興味が薄れて市場からなくなります。

でも、ルービックキューブには時代の流行りという概念関係ありませんでした。

1980年7月25日に発売してからわずか8ヶ月で全世界で400万個突破した。そして2007年に1000万個販売突破。

今でも当たり前のようにルービックキューブが販売されている。ルービックキューブとレゴがおもちゃの2大王者とも呼ばれているらしい。

1000万個のルービックキューブを重ねると単純計算で60万メートルになります。

富士山159個分エベレストなら69個分重ねたのと同じ高さになる。

 

3. ルービックキューブの本当の名前はマジックキューブ

ルービック氏は自分が発明したパズルにマジックキューブという名前をつけました。

その後、マジックキューブの販売権利を獲得したおもちゃ会社Ideal Toy Corporationが1980年にルービックキューブ(正式はRubik’s Cube)という名前で発売した。

当時名前の候補に上がっていたもう一つの名前は「The Cordian Knot」(ゴルディアスの結び)です。ルービックキューブを選んで良かったと思う。

ちなみに、社会主義のブロックというふざけた名前も上がったが候補から即除外されたそうです。

 

4. こんな数字分かりますか43,252,003,274,489,856,000

ルービックキューブの異なる色の配置の数です。43Quintillionという数字です。

43*10の18乗。はい、次行きます。

 

5. ルービックキューブだけがベストセーラーではない

youcandothecube
omegalima.com/KT/livres/より

ルービックキューブはベストセーリングおもちゃですがルービックキューブ攻略をまとめたマニュアルブックもベストセーラーです。

1981年に販売された「You can do the cube」というルービックキューブ攻略マニュアルブックが150万部以上販売されている。

作者が当時12歳だったイギリスの生徒Patrick Bossert君でした。目の付け所が鋭いです。